過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第40471問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文の出典はどれか。正しいものを一つ選びなさい。

児童は、特別の保護を受け、また、健全、かつ、正常な方法及び自由と尊厳の状態の下で身体的、知能的、道徳的、精神的及び社会的に成長することができるための機会及び便益を、法律その他の手段によつて与えられなければならない。この目的のために法律を制定するに当つては、児童の最善の利益について、最高の考慮が払われなければならない。
   1 .
児童の権利に関する条約
   2 .
児童福祉法
   3 .
児童憲章
   4 .
世界人権宣言
   5 .
児童権利宣言
( 保育士試験 平成31年(2019年)前期 教育原理 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
答えは5です。

児童権利宣言は、1959年に国連総会にて採択された子どもの人権を守るための宣言です。問題文の箇所は第2条となります。

1.児童の権利に関する条約は1989年に国連において採択され、日本では1994年に批准されました。この条約では、初めて子どもの能動的権利が認められました。

2.児童福祉法は、児童の福祉に関する基本原則をさだめた日本の法律です。1947年に制定されました。

3.児童憲章は、1951年に日本において制定された、児童のための憲章です。前文には、「児童は、人として尊ばれる。」「児童は、社会の一員として重んぜられる。」「児童は、よい環境のなかで育てられる。」と記載されています。

4.世界人権宣言は1948年にすべての人や国が達成すべき共通の基準として国際連合総会にて採択されました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は5です。

1959年に採択された児童権利条約の第2条の文章です。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は5です。

1959年に採択された「児童権利宣言」第2条になります。
この2条において「児童の最善の利益」が初めて明記されました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。