過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第40552問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、健康診査に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
市町村の保健センターで行われる乳幼児健診の受診率は、「平成28年度地域保健・健康増進事業報告の概況」(平成30年3月7日 厚生労働省)によると約7割である。
   2 .
保育所で行う健診の結果は、保護者に伝えるようにする。
   3 .
保育所は、保護者に市町村の乳幼児健診を受けるように勧め、その結果の報告を働きかける。
   4 .
保育所での健診の項目は、幼稚園でのそれとほぼ同様である。
   5 .
保育所の健診では、保育士は保護者の質問を医師に伝え、適切な判断や助言を受ける。
( 保育士試験 平成31年(2019年)前期 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は1です。

市町村の保健センターで行われる乳幼児健診の受診率は、8割以上です。



評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1です。

1 不適切です。市町村の保健センターで行われる乳幼児健診の受診率は、「平成28年度地域保健・健康増進事業報告の概況」(平成30年3月7日 厚生労働省)によると約8割です。

2 適切です。保育所で行う健診の結果は、保護者に伝えるようにしお互いに子どもの健康状態について共有します。

3 適切です。保育所は、保護者に市町村の乳幼児健診を受けるように勧め、その結果の報告を働きかける必要があります。

4 適切です。保育所での健診の項目は、幼稚園でのそれとほぼ同様です。

5 適切です。保育所の健診では、保育士は保護者の質問を医師に伝え、適切な判断や助言を受けるようにします。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1 × 不適切です。
「平成28年度地域保健・健康増進事業報告の概況」での乳幼児健診の受診率は、
1~2か月児が85.7%
3~5か月児が95.6%
6~8か月児が83.2%
9~12か月児が83.7%
7割以上ではなく、8割以上です。


保育所等における児童の健康診断については、「学校保健安全法」の規定に準じて、実施されているところです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。