過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第40565問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン【事故防止のための取組み】〜施設・事業者向け〜」(平成28年3月 内閣府)における「プール活動・水遊びの際に注意すべきポイント」に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
監視者は監視に専念する。
   2 .
監視エリア全域をくまなく監視する。
   3 .
動かない子どもや不自然な動きをしている子どもを見つける。
   4 .
十分な監視体制の確保ができない場合は、プール活動の時間を短くして実施する。
   5 .
時間的余裕をもってプール活動を行う。
( 保育士試験 平成31年(2019年)前期 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は4です。

「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン【事故防止のための取組み】〜施設・事業者向け〜」(平成28年3月 内閣府)には以下の記載があります。

プール活動・水遊びの際に注意すべきポイント

・ 監視者は監視に専念する。

・ 監視エリア全域をくまなく監視する。

・ 動かない子どもや不自然な動きをしている子どもを見つける。

・ 規則的に目線を動かしながら監視する。

・ 十分な監視体制の確保ができない場合については、プール活動の中止も選択肢とする。

・ 時間的余裕をもってプール活動を行う。

よって不適切な記述は4になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は4です。

1 〇 適切です。
監視者は監視に専念します。

2 〇 適切です。
監視エリア全域をくまなく監視します。

3 〇 適切です。
動かない子どもや不自然な動きをしている子どもを見つけます。

4 × 不適切です。
「十分な監視体制が確保できない場合については、プール活動の中止も選択肢とする」と記載されています。

5 〇 適切です。
時間的余裕をもってプール活動を行います。

あと、「規則的に目線を動かしながら監視する」ということも記載されています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン【事故防止のための取組み】〜施設・事業者向け〜」(平成28年3月 内閣府)に「十分な監視体制が確保できない場合については、プール活動の中止も選択肢とする」と記載されています。

水の中では溺水などの事故が起こる可能性があります。それを防ぐためにも十分な監視体制を確保することが必要です。監視体制が充分に確保できない場合はその日のプール活動を中止するなどして安全面に注意するようにします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。