過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第45979問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文のうち、モンテッソーリ(Montessori, M.)に関する記述として、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  イタリアの思想家・実践家として、母親学校の創始者となり、そこで実践された環境を通して行う教育法はモンテッソーリ・メソッドと呼ばれている。
B  青年期を敏感期ととらえ、感覚運動能力の育成こそ人間のあらゆる能力の発達の基礎であるとして、こうした感覚訓練を目的とした教具を開発した。
C  ローマのスラム化した地区において、アパートの一棟に昼間仕事をしている母親の児童を預かるための施設として「子どもの家」が設立され、そこでの実践を通して自らの理論を構築した。
D  セガン(Seguin, E.)が知的障害の子どもの教育のために開発した教具に修正を加え、独自の教具を作り、それが後のモンテッソーリ教具と呼ばれるものとなった。
 1 . 
A:○  B:○  C:○  D:×
 2 . 
A:○  B:○  C:×  D:×
 3 . 
A:×  B:○  C:○  D:○
 4 . 
A:×  B:×  C:○  D:○
 5 . 
A:×  B:×  C:×  D:○
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 保育原理 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
正解は4です。

A × 不適切です。
モンテッソーリは、母親学校ではなく、「子どもの家」を設立しています。
母親学校の創始者は、コメニウスです。

B × 不適切です。
モンテッソーリが敏感期として捉えたのは、幼児期(0~6歳)です。

モンテッソーリは、
0~6歳を幼年期
6~12歳を児童期
12~18歳を思春期
18~24歳を青年期
と、分けています。

C 〇 適切です。
ローマのスラム化した地区において、アパートの一棟に昼間仕事をしている母親の児童を預かるための施設として「子どもの家」が設立され、そこでの実践を通して自らの理論を構築しました。

D 〇 適切です。
セガン(Seguin, E.)が知的障害の子どもの教育のために開発した教具に修正を加え、独自の教具を作り、それが後のモンテッソーリ教具と呼ばれるものとなりました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

A モンテッソーリが設立したのは”母親学校”ではなく、”子供の家”です。1907年のローマで誕生しました。

B モンテッソーリは0~6歳を「敏感期」と捉えました。

C 適切です。

D 適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。