過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第45987問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、保育所における小学校との連携に関する記述である。「保育所保育指針」第2章「保育の内容」の(2)「小学校との連携」に照らして、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  保育所に入所している子どもが就学する際の子どもの情報に関しては、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を中心に保護者から直接情報を得て小学校に説明できるようにすることが大切である。
B  小学校では、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を踏まえた指導を工夫することによって、幼児期の保育を通して育まれた資質・能力を踏まえて教育活動を実施し、子どもが主体的に自己を発揮しながら学びに向かうことが可能となるようにすることが求められている。
C  保育所保育と小学校教育の円滑な接続を図るため、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」をテーマにするなどして、小学校の教師との意見交換や合同の研究会や研修会の機会を設けることが大切である。
D  保育所保育を小学校以降の生活や学習の基盤の育成につなげていくための有効で確かな方法の一つは、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を到達目標にして小学校教育の先取りをすることである。
 1 . 
A:○  B:○  C:×  D:○
 2 . 
A:○  B:×  C:○  D:×
 3 . 
A:×  B:○  C:○  D:×
 4 . 
A:×  B:○  C:×  D:○
 5 . 
A:×  B:×  C:○  D:○
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 保育原理 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

A 保育所に入所している子どもが就学する際の子どもの情報に関しては、市町村の支援の下で保育所から小学校に送付されるようになっているため、この問題文は不適切です。

B 適切です。

C 適切です。

D 「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を到達目標にするのではなく、「育って欲しい姿」を共有し、保育所保育と小学校教育との円滑な接続を図っていくことを大切にしています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

A × 不適切です。
保護者から直接情報を得るのではなく、市町村の支援の下に、保育所から小学校へ資料が送付されます。

B 〇 適切です。
小学校では、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を踏まえた指導を工夫することによって、幼児期の保育を通して育まれた資質・能力を踏まえて教育活動を実施し、子どもが主体的に自己を発揮しながら学びに向かうことが可能となるようにすることが求められています。

C 〇 適切です。
保育所保育と小学校教育の円滑な接続を図るため、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」をテーマにするなどして、小学校の教師との意見交換や合同の研究会や研修会の機会を設けることが大切です。

D × 不適切です。
「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を到達目標として小学校教育の先取りをするのではありません。
就学当初の姿として「育って欲しい姿」を共有し、保育所保育と小学校教育との円滑な接続を図っていきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。