過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第45996問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文の著者として、正しいものを一つ選びなさい。

政府はシュタンツにある尼僧達の使用している建物を私の住居に指定してくれた。しかし、この建物は私が到着した時には、まだ完成していなかったし、また、多数の子供達を収容する孤児院に適するようには作られていなかった。(中略)
この子供達の大部分の入所当時の悲惨な有様というものは、人間の性情を全く無視したための当然の結果であった。(中略)怠惰な不活発さ、精神的素質や肉体的技能の訓練不足、これがどの子供にも見られる一般的な傾向であった。ABCを知っている子どもは十人に一人もいなかった。ましてや、その外の学校教育とか、教育的陶冶方法についてはいうだけ野暮であった。
 1 . 
フレーベル(Fröbel, F.W.)
 2 . 
トマス・モア(More, T.)
 3 . 
ピアジェ(Piaget, J.)
 4 . 
エレン・ケイ(Key, E.)
 5 . 
ペスタロッチ(Pestalozzi, J.H.)
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 教育原理 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正解は5です。

文章中の「シュタンツ」「孤児院」「陶冶」という言葉から、ペスタロッチと判断します。

『隠者の夕暮』からの文章です。


1.フレーベルは『人間の教育』の著者で、子どもの創造的な活動衝動を育てることこそが教育の出発点と記しています。

2.トマス・モア
イギリスの法律家、思想家で、政治・社会を風刺した『ユートピア』を著しています。

3.ピアジェは、スイスの心理学者で、子どもの発達段階を4つ(感覚運動期、前操作期、具体的操作期、形式的操作期)に分けました。また、「発生的認識論」「構成論」「道徳」などのキーワードもピアジェに関連しています。

4.エレン・ケイは、スウェーデンの女性思想家で『児童の世紀』の著者です。ルソーの思想を受け継ぎ、児童中心主義運動の代表的な思想家です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

・問題の文章はペスタロッチの著書『隠者の夕暮』の一文です。ペスタロッチはスイスの教育実践者であり、シュタンツのイベルドン孤児院の学長でもありました。このことから問題文はペスタロッチに関する記述であることが推測できます。

以下はその他の人物の補足です。

1 フレーベルは幼児教育の祖と呼ばれる人物で『人間の教育』を著しました。

2 トマス・モアはイングランドの法律家で主な著書には『ユートピア』がり、これは社会や政治を風刺した内容が書かれています。

3 ピアジェはスイスの心理学者です。子どもの4つの発達段階で有名です。

4 エレン・ケイは、スウェーデンの女性思想家です。主な著書は『児童の世紀』です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。