過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第45998問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の【Ⅰ群】の記述と、【Ⅱ群】の人物を結び付けた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  文化の継承として知識をそのまま受け容れて身に付けることが大切であると主張したが、そのためには機械的に知識を覚えさせるのではなく、学習者の認知構造に意味のある変化をもたらすように教えなくてはならないとした。
B  行動主義心理学の立場で、刺激を与えれば反応が生起するという理論(S−R理論)をもとにプログラム学習を構想した。

【Ⅱ群】
ア  オーズベル(Ausubel, D.P.)
イ  ブルーナー(Bruner, J.S.)
ウ  スキナー(Skinner, B.F.)
   1 .
A:ア  B:イ
   2 .
A:ア  B:ウ
   3 .
A:イ  B:ア
   4 .
A:イ  B:ウ
   5 .
A:ウ  B:イ
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 教育原理 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
正解は2です。

A「機械的に知識を覚えさせるのではなく、学習者の認知構造に意味のある変化をもたらすように教えなくてはならないとした」というのは、オーズベルが提唱した「有意味受容学習」です。

B「行動主義心理学」やスキナー箱の実験での「プログラム学習」は、スキナーに関する記述です。


ブルーナーは、学習すべきことを、教師の説明によって教わるのでなく、学習者が自らの発見によって学習していく学習していく、「発見学習」を提唱しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は2です。

ア オーズベルは、ピアジェの弟子であり、知識をそのまま受け容れて身に付けるためには学習の前提となる情報をあらかじめもっているものに結びつけるようにする必要がある「有意味受容学習」を提唱した人物です。

イ ブルーナーはアメリカの心理学者で、教師の説明によって学習するのではなく、自らの発見によって学習していく学習していく「発見学習」を提唱しました。

ウ スキナーは行動主義心理学の立場で、刺激を与えれば反応が生起するという理論(S−R理論)をもとにプログラム学習を構想しました。

よって答えは
A→ア
B→ウ
となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
Aの文章に当てはまる人物は、アのオーズベルです。
オーズベルはアメリカの心理学者です。オーズベルは、それまでの学習で主流だった発見的学習や条件づけを批判し、有意味受容学習を提唱しました。有意味受容学習とは、学習されるべき全ての内容をまず明確に示し、学習者は各自の認知構造に関連づけながらそれを受容してゆくという学習方法です。

Bの文章に当て余る人物は、ウのスキナーです。
スキナーはアメリカの心理学者・行動科学者で、行動分析学の祖として知られています。スキナーはスキナー箱の実験によって、動物が報酬や嫌悪刺激に適応して自発的にある行動を行うように学習するという「オペラント学習理論」を提唱しました。さらにこれを人間の教育に応用したものがプログラム学習と呼ばれます。

よって正解の組み合わせは2となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。