過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46005問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文のうち、「児童養護施設運営指針」(平成24年3月 厚生労働省)において示されている「権利擁護」に関する記述として最も不適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
子ども自身の出生や生い立ち、家族の状況については、義務教育終了後に開示する。
 2 . 
入所時においては、子どものそれまでの生活とのつながりを重視し、そこから分離されることに伴う不安を理解し受けとめ、不安の解消を図る。
 3 . 
子どもが相談したり意見を述べたりしたい時に、相談方法や相談相手を選択できる環境を整備し、子どもに伝えるための取り組みを行う。
 4 . 
いかなる場合においても、体罰や子どもの人格を辱めるような行為を行わないよう徹底する。
 5 . 
様々な生活体験や多くの人たちとのふれあいを通して、他者への心づかいや他者の立場に配慮する心が育まれるよう支援する。
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 社会的養護 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正解は1です。

「児童養護施設運営指針」(平成24年3月 厚生労働省)の中で、「子どもの発達に応じて、子ども自身の出生や生い立ち、家族の状況について、子
どもに適切に知らせる。」ことが記載されています。
また、詳しい内容として
「・子どもが自己の生い立ちを知ることは、自己形成の視点から重要であり、子どもの発達等に応じて、可能な限り事実を伝える。」
「・家族の情報の中には子どもに知られたくない内容があることも考慮し、伝え方等は職員会議等で確認し、共有し、また、児童相談所と連携する。」
となっています。よって1の文章が不適切となります。
2~5は適切な記述です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1です。

1 × 不適切です。
子ども自身の出生や生い立ち、家族の状況については、「義務教育終了後に開示する」ではなく「子どもに適切に知らせる」が正しいです。

2 〇 適切です。
入所時においては、子どものそれまでの生活とのつながりを重視し、そこから分離されることに伴う不安を理解し受けとめ、不安の解消を図ります。

3 〇 適切です。
子どもが相談したり意見を述べたりしたい時に、相談方法や相談相手を選択できる環境を整備し、子どもに伝えるための取り組みを行います。

4 〇 適切です。
いかなる場合においても、体罰や子どもの人格を辱めるような行為を行わないよう徹底します。

5 〇 適切です。
様々な生活体験や多くの人たちとのふれあいを通して、他者への心づかいや他者の立場に配慮する心が育まれるよう支援します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。