過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46009問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文のうち、「児童養護施設運営指針」(平成24年3月 厚生労働省)において示されている「発達の保障と自立支援」に関する記述として適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A  子どもは、愛着関係や基本的な信頼関係を基盤にして、自分や他者の存在を受け入れていくことができるようになる。
B  子どもの自立に向けた生きる力の獲得は、集団生活における協調性が基盤となり可能となる。
C  社会的養護では、子どもの自立や自己実現を目指して、子どもの活動の制限と他者との調和を大切にする。
D  子どもは、様々な生活体験を通して、自立した社会生活に必要な基礎的な力を形成していく。
 1 . 
A, B
 2 . 
A, C
 3 . 
A, D
 4 . 
B, C
 5 . 
B, D
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 社会的養護 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

A 適切です。子どもは、愛着関係や基本的な信頼関係を基盤にして、自分や他者の存在を受け入れていくようになります。

B 子どもの自立に向けた生きる力は、愛着関係や基本的な信頼関係によって培われます。

C 社会的養護では、子どもの自立や自己実現を目指して、子どもの主体的な活動を大切にしています。

D 適切です。子どもは、様々な生活体験を通して、自立した社会生活に必要な基礎的な力を形成していくようになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

A 〇 適切です。
子どもは、愛着関係や基本的な信頼関係を基盤にして、自分や他者の存在を受け入れていくことができるようになります。

B × 不適切です。
子どもの自立に向けた生きる力の獲得は、「集団生活における協調性」ではなく「愛着関係や基本的な信頼関係」が適切です。

C × 不適切です。
社会的養護では、子どもの自立や自己実現を目指して、「子どもの活動の制限と他者との調和」ではなく「子どもの主体的な活動」を大切にします。

D 〇 適切です。
子どもは、様々な生活体験を通して、自立した社会生活に必要な基礎的な力を形成していきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。