過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46018問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、「児童福祉法」第10条の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

( A )は、この法律の施行に関し、次に掲げる業務を行わなければならない。
1.  児童及び妊産婦の福祉に関し、必要な( B )の把握に努めること。
2.  児童及び妊産婦の福祉に関し、必要な( C )の提供を行うこと。
3.  児童及び妊産婦の福祉に関し、家庭その他からの( D )に応ずること並びに必要な調査及び指導を行うこと並びにこれらに付随する業務を行うこと。
4.  前3号に掲げるもののほか、児童及び妊産婦の福祉に関し、家庭その他につき、必要な支援を行うこと。
 1 . 
A:都道府県  B:課題  C:支援  D:相談
 2 . 
A:都道府県  B:実情  C:支援  D:相談
 3 . 
A:市町村   B:課題  C:情報  D:要望
 4 . 
A:都道府県  B:課題  C:支援  D:要望
 5 . 
A:市町村   B:実情  C:情報  D:相談
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解は5です。

( A 市町村 )は、この法律の施行に関し、次に掲げる業務を行わなければならない。

1.  児童及び妊産婦の福祉に関し、必要な( B 実情 )の把握に努めること。

2.  児童及び妊産婦の福祉に関し、必要な( C 情報 )の提供を行うこと。

3.  児童及び妊産婦の福祉に関し、家庭その他からの( D 相談 )に応ずること並びに必要な調査及び指導を行うこと並びにこれらに付随する業務を行うこと。

4.  前3号に掲げるもののほか、児童及び妊産婦の福祉に関し、家庭その他につき、必要な支援を行うこと。

第十条に、市町村が行う業務、第十一条に都道府県が行う業務について記載されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

以下が正しい文章です。

( A市町村 )は、この法律の施行に関し、次に掲げる業務を行わなければならない。
1.  児童及び妊産婦の福祉に関し、必要な( B実情 )の把握に努めること。
2.  児童及び妊産婦の福祉に関し、必要な( C情報 )の提供を行うこと。
3.  児童及び妊産婦の福祉に関し、家庭その他からの( D相談 )に応ずること並びに必要な調査及び指導を行うこと並びにこれらに付随する業務を行うこと。
4.  前3号に掲げるもののほか、児童及び妊産婦の福祉に関し、家庭その他につき、必要な支援を行うこと。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。