過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46026問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、家庭裁判所における少年事件の処分に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
少年を児童福祉機関の指導に委ねるのが適当と認められる場合、都道府県知事または児童相談所長に事件が送致される。
   2 .
少年を保護処分や検察官送致などの処分に付さなくとも、少年の更生が十分に期待できる場合、少年を保護処分に付さないことや、審判を開始せずに調査のみ行って手続を終えることがある。
   3 .
少年が罪を犯したときに14歳以上であった場合、事件の内容、少年の性格、心身の成熟度などから、保護処分よりも、刑罰を科するのが相当と判断される場合には、事件を検察官に送致することがある。
   4 .
「少年法」における「少年」とは、18歳に満たない者を指す。
   5 .
少年が故意に被害者を死亡させ、その罪を犯したとき16歳以上であった場合には、原則として、事件を検察官に送致しなければならない。
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 児童家庭福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
正解は【4】です。
この設問は不適切な選択肢を選ぶ問題です。

少年法では、「少年」を20歳に満たない者と定義しています。そのため【4】の記述が誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は4です。

少年事件の処分の種類には、
大きく分けると下記の5つがあります。
① 保護処分決定
② 検察官送致
③ 不処分
④ 都道府県知事又は児童相談所長送致
⑤ 審判不開始

1 ○
上記④より、正しい記載です。
少年を児童福祉機関に委ねるのが
適切と判断された場合です。

2 ○
上記⑤より正しい記載です。
少年を処分しなくても教育的措置により
十分な更生が見込まれる場合は、
処分しない、
あるいは審判を開始しない場合があります。

3 ○
罪を犯した少年が14歳以上で、
保護処分よりも刑罰を科するのが相当と
判断されたときは、
検察官に送致されることがあります。

4 ×
少年法第二条によると、
「少年」とは二十歳に満たない者、
となっています。

5 ○
18歳以上の少年が
故意に被害者を死亡させた場合は、
原則的には事件を検察官に
送致しなければなりません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

・少年法による「少年」とは年齢が20歳に満たない者を指します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。