過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46064問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の選択肢のうち、子どもの遊びと運動に関する記述として不適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
運動能力には、筋力や持久力などの運動体力と、視聴覚や筋運動感覚などの知覚を手がかりに運動をコントロールする能力がある。この運動コントロール能力が急激に発達するのは幼児期から児童期である。
   2 .
幼児期は、走る、跳ぶ、登る、くぐるなど多様な動きをする遊びよりも、特定の動きを繰り返す運動の方が身体の発達に効果がある。
   3 .
近年、地域や家庭において、戸外での遊びの面白さに気づかないまま、室内の遊びに偏りがちな子どもも少なくない。
   4 .
保護者に運動習慣がある家庭の幼児は、そうでない家庭の幼児よりも戸外遊びを多く行っているという報告がみられる。
   5 .
運動が得意な幼児は、普段一緒に遊ぶ仲間の数が多く、仲間関係が良好で、協調性が高いなど社会性が発達していることが多い。
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 保育の心理学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解の不適切な記述は2です。

幼児期は、生涯にわたって必要な多くの運動の基となる多様な動きを幅広く獲得する非常に大切な時期です。特定の動きを繰り返すだけでなく、さまざまな動き・運動を経験できるような機会を保障していく必要があります。

1、3、4、5の記述は適切な記述です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は【2】です。

様々な動きを取り入れることで体幹や力加減が鍛えられます。同じ動きを繰り返すのではなく、さまざまな動きのある遊びをすることが良いと考えられています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は2です。

幼児期は、走る、跳ぶ、登る、くぐるなど多様な動きをする遊びを通じて、体のバランスのとり方や力の加減、他者との距離感などを学んでいきます。そのため、特定の動きを繰り返す遊びよりも様々な動きを取り入れた遊びをすることが大切だと考えられています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。