過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46091問」を出題

問題

[ 設定等 ]
乳幼児が長時間にわたり集団で生活する保育所では感染症対策に留意が必要である。次のA ~ Eの記述のうち、感染症対策として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  感染症で欠席した園児が再び登園して差し支えないかどうかの判断は、保護者が行うのが望ましい。
B  飛沫感染は、感染者の飛沫が飛び散る範囲である周囲2メートルで起こりやすい。
C  感染者は症状がなくても感染源となりうる。
D  皮膚に傷があるときは、皮膚のバリア機能が働かずそこから感染が起こる場合がある。
E  感染症が発生し、感染者が10名以上になったので、近くの医療機関に報告し指示を求めた。
   1 .
A:○  B:○  C:○  D:×  E:×
   2 .
A:○  B:○  C:×  D:×  E:○
   3 .
A:○  B:×  C:○  D:×  E:○
   4 .
A:×  B:○  C:○  D:○  E:×
   5 .
A:×  B:○  C:×  D:○  E:○
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は4です。

A 感染症で欠席した園児が再び登園して差し支えないかどうかの判断は、かかりつけ医または嘱託医がします。

B 適切です。

C 適切です。

D 適切です。

E 「感染症が発生した場合には、嘱託医等へ相談し、関係機関へ報告するとともに、保護者への情報提供を適切に行うことが重要である。」と保育所における感染症ガイドラインに記載されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は4です。


A ×

感染症のため欠席していた園児が
登園を再開できるかどうかは、
医師の診察の結果によって判断されます。


B ○

飛沫感染とは、
咳やくしゃみ、会話をしたときに飛び散る
小さな水滴(飛沫)による感染のことをいいます。
飛沫は周囲1〜2メートルの範囲に
飛び散るといわれています。


C ○

病原体に感染しても、
症状が出ないことがあります。


D ○

皮膚にはバリア機能があります。
しかし皮膚に傷があるときは、
その機能が十分に働かないので、
感染が起こる場合があります。


E ×

感染症が発生した場合は、
嘱託医等へ相談し、
関係機関に報告します。
また保護者に対しても
適切な情報提供を行います。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
Aは×です。
保護者の判断ではなく、医師の診察や判断が重要です。

Bは○です。
適切な記述です。

Cは○です。
適切な記述です。

Dは○です。
適切な記述です。

Eは×です。
嘱託医等へ相談し、関係機関へ報告するとともに、保護者への情報提供を行うことが必要です。

よって正解の組み合わせは4となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。