過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 児童家庭福祉 問41

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、我が国の子どもの出生に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
第二次世界大戦後の昭和22年から昭和24年頃まで出生率が高く、この時期を第一次ベビーブームという。
   2 .
合計特殊出生率は、15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したものである。
   3 .
昭和46年から昭和49年頃の第二次ベビーブームは、第一次ベビーブームで生まれた世代が大人になり出産することで起こった。
   4 .
近年の日本の合計特殊出生率は、先進国の中でも低い水準である。
   5 .
平成16年から平成19年まで出生率が高く、この時期を厚生労働省は第三次ベビーブームと位置づけた。
( 保育士試験 平成25年(2013年) 児童家庭福祉 問41 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
76
評価しない
1.正しい。いわゆる団塊の世代(だんかいのせだい)と言います。

2.正しい。合計特殊出生率とは15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したものです。一人の女性が一生に産むとしたときの子どもの数に相当します。

3.正しい。団塊ジュニアとも呼ばれています。

4.正しい。日本の出生率は低くなっています。
1989年の1.57ショックを始めとして2005年1.26、2014年1.42となっています。
スウェーデン・イギリスは1.9前後
アメリカ1.88前後
フランスは2.0前後となっています。

5.誤り。出生率は4で記載の通りですので、第三次ベビーブームは起きていません。

よって選択肢5が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は 5です。
 
 1947(昭和22)年から1949(昭和24)を第1次、1971(昭和46)年から1974(昭和49)年を第2次ベビーブームとしています。平成16年から平成19年まで出生率が高いということはなく、第3次ベビーブームという言葉もありません。
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
正解は5です。

第三次ベビーブームは起こっていません。平成17(2005)年の合計特殊出生率は過去最低の1.26でした。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。