過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 子どもの食と栄養 問128

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、幼児期の摂食機能と食行動に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 12~18か月頃は、手づかみ食べが上手になるとともに、食具を使った食べる動きを覚える。
B おおむね2歳では、基本的運動機能や指先の機能が発達する。それに伴い、食事など身の回りのことを自分でしようとする。
C 最初の永久歯の萌出は、3歳頃である。
D 幼児期には、睡眠、食事、遊びといった活動にメリハリが出てくるので、一生を通じての食事リズムの基礎を作る重要な時期になる。
   1 .
A○  B○  C○  D×
   2 .
A○  B○  C×  D○
   3 .
A○  B×  C○  D×
   4 .
A×  B○  C×  D○
   5 .
A×  B×  C○  D○
( 保育士試験 平成25年(2013年) 子どもの食と栄養 問128 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
24
評価しない
正解は2です。

A ○
適切な記述です。

B ○
適切な記述です。

C ×
最初の永久歯の萌出は6~7歳です。

D ○
適切な記述です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解…2
C:最初の永久歯の萌出は6歳ごろである.
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は2です。

A 適切です。

B 適切です。

C 最初の永久歯の萌出は個人差はありますが、だいたい6~7歳頃です。

D 適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。