過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 保育実習理論 問147

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、子どもの絵画の発達における一般的に「象徴期」と呼ばれる段階の記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 手と目が連動して動くことにより、円形等を描くようになる。
B 別の呼び名では「図式期」ともいう。
C おおよそ2歳頃から見られるようになる絵画表現の形式である。
D 画面上に描かれた形と具体的なイメージが結びつき、形に名前を付けるようになっていく。
   1 .
A○  B○  C×  D×
   2 .
A○  B×  C○  D○
   3 .
A×  B○  C○  D○
   4 .
A×  B○  C○  D×
   5 .
A×  B×  C○  D○
( 保育士試験 平成25年(2013年) 保育実習理論 問147 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
27
評価しない
正解は2です。

A ○
正しい記述です。

B ×
図式期ではなく、「命名期」と呼ばれます。

C ○
正しい記述です。

D ○
正しい記述です。

☆絵画における発達過程は、「なぐりがき期(1~2歳半)」→「象徴期(2歳半~3歳)」→「前図式期(3~5歳)」→「図式期(5~9歳)」へと移行します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解…2
B:象徴期は命名期や意味付け期とも呼ばれ、2歳半〜3歳の期間を指す.図式期は5歳〜9歳の期間を指す.
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
正解は2です。

A 適切です。手と目が連動して動くようになると、円などが描けるようになります。

B 「象徴期」の別名は「命名期」と呼ばれます。

C 適切です。おおよそ2歳頃から見られるようになります。

D 適切です。画面上に描かれた形と具体的なイメージが結びつき、形に名前を付けるようになっていくため「命名期」と呼ばれます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。