過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成24年(2012年) 社会福祉 問20

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、わが国の少子高齢化の動向に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 65歳以上の高齢者が、総人口に占める割合のことを、「高齢化率」といい、この高齢化率が、7パーセントを超えると「高齢化社会」、14パーセントを超えると「高齢社会」と呼んでいる。
B 高齢者の単独世帯が増加しているが、高齢者の単独世帯で女性が圧倒的に多いのは、平均寿命の違いを反映していると考えられる。
C 平成16年版「少子化社会白書」において、合計特殊出生率が人口置き換え水準をはるかに下回り、かつ、子どもの数が高齢者人口(65歳以上の人口)よりも少なくなった社会を「少子社会」と呼んでいる。
D 近年の合計特殊出生率の上昇は、これまで低下傾向であった30歳代の出生率が横ばいとなり、20歳代の出生率が上昇していることによるものである。
   1 .
A○  B○  C○  D×
   2 .
A○  B○  C×  D×
   3 .
A○  B×  C○  D○
   4 .
A×  B○  C○  D×
   5 .
A×  B×  C○  D○
( 保育士試験 平成24年(2012年) 社会福祉 問20 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
59
評価しない
正解は1です。

Aは○です。ちなみに2013年には高齢化率が25.1%に上昇しています。

Bは○です。2013年の日本人の男性の平均寿命は80.21歳、女性は86.61歳になっています。

Cは○です。日本では1997(平成9)年に、高齢者人口よりも子どもの数が少なくなり、少子社会になりました。

Dは×です。近年、晩産化がすすみ、30歳台の出生率が上昇しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
少子高齢化の話題は試験にも頻出であり、このレベルの内容は基本的な部分なのでしっかりと頭にいれておきましょう。

D合計特殊出生率は、一人の女性が一生に生むこどもの平均率です。日本では昨今、女性の結婚及び初産の時期が遅くなり、30代後半での出産が多くなっています。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は1です。

A 適切です。

B 適切です。

C 適切です。

D 合計特殊出生率とは一人の女性が一生に生むこどもの平均率のことを言います。近年、女性の晩婚化が進み30歳代での出生率が増加しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。