過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成24年(2012年) 児童福祉 問24

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、子どもの権利に関する記述である。誤った記述を一つ選びなさい。
   1 .
「児童の権利に関する条約」では、意見を表明する権利や表現の自由、思想・良心及び宗教の自由等の権利が明記されている。
   2 .
1979年の国際児童年の10年後、1989年に「児童の権利に関する条約」が国際連合で採択された。
   3 .
「児童の権利に関する条約」は、「世界人権宣言」、「市民的及び政治的権利に関する国際規約」、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」等を踏まえて制定された。
   4 .
国際連盟による「ジュネーブ宣言」は、セーブ・ザ・チルドレンの創設者のエグランタイン・ジェブ(Jebb,E.)による世界児童憲章草案の提示を受けて1924年に採択された。
   5 .
「児童憲章」は、国際児童年の際の国際的道義規範として国際連盟で採択された。
( 保育士試験 平成24年(2012年) 児童福祉 問24 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
10
評価しない
正解は5です。

児童憲章は、国際連盟で採択されたのではなく、日本で制定されました。
「児童は、人として尊ばれる。児童は、社会の一員として重んぜられる。児童は、よい環境のなかで育てられる」というはじめの三文とセットで暗記しておきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は5です。

5の「児童憲章」(1951年)は、日本国憲法の精神を受けて、日本で制定されたものです。「児童は、人として尊ばれる。児童は、社会の一員として重んぜられる。児童は、よい環境のなかで育てられる」ということを宣言しています。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は5です。

「児童憲章」は日本国憲法に基づいて制定された、すべての子どもの幸福を図るための権利宣言です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。