過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成24年(2012年) 児童福祉 問25

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、平成24年4月1日施行の障害児支援制度に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 障害児の定義に精神に障害がある児童が加えられたが、発達障害の子どもは対象とされなかった。
B 障害児に対して入所による支援を行う児童福祉施設を障害児入所施設とし、障害児に対して通所による支援を行う児童福祉施設を児童発達支援センターとして整理された。
C 障害児入所支援の実施主体が都道府県から市町村へ移行された。
D 就学している障害児の放課後や夏休み等における居場所を確保し、学齢期における支援の充実を図るために、放課後等デイサービス事業が創設された。
   1 .
A○  B○  C○  D×
   2 .
A○  B×  C○  D×
   3 .
A×  B○  C×  D○
   4 .
A×  B○  C×  D×
   5 .
A×  B×  C○  D○
( 保育士試験 平成24年(2012年) 児童福祉 問25 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
8
評価しない
正解は3です。

A児童福祉法において、障害児とは、
「身体に障害のある児童、知的障害のある児童又は精神に障害のある児童」
 と定義されており、発達障害のこどもも含まれます。

C障害児入所支援の実施主体が都道府県から市町村へ移行されていません。
 都道府県のままです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

A 児童福祉法において、「障害児とは、身体に障害のある児童、知的障害のある児童又は精神に障害のある児童」と定義されており、その中には発達障害も含まれています。

B 適切です。

C 障害児入所支援の実施主体は都道府県のままです。

D 適切です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は3です。

Aは×です。児童福祉法において、障害児とは、身体に障害のある児童、知的障害のある児童又は精神に障害のある児童(発達障害児を含む)と定義されています。

Bは○です。

Cは×です。障害児入所支援の実施主体は都道府県です。

Dは○です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。