過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成24年(2012年) 児童福祉 問37

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、少年非行に関する記述である。( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

罪を犯した満( A )歳以上の少年のことを犯罪少年というが、犯罪少年を発見した者は、「児童福祉法」第25条に基づき、これを( B )に通告しなければならない。一方、( A )歳に満たない場合は、福祉的な判断が優先されるのが原則であるが、( C )長の判断によって必要があると認められた場合には、( B )に送致されることとなる。
   1 .
( A )12  ( B )児童相談所  ( C )家庭裁判所
   2 .
( A )12  ( B )警察署    ( C )児童相談所
   3 .
( A )14  ( B )児童相談所  ( C )警察署
   4 .
( A )14  ( B )家庭裁判所  ( C )児童相談所
   5 .
( A )16  ( B )家庭裁判所  ( C )警察署
( 保育士試験 平成24年(2012年) 児童福祉 問37 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
6
評価しない
現在、家庭裁判所に送検されるのは14歳以上の少年です。
それ未満の少年に関しては、児童相談所での対応となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は4です。

Aに入るのは「14」です。
Bに入るのは「家庭裁判所」です。
Cに入るのは「児童相談所」です。

刑法では14歳以上で犯罪を犯した少年については、家庭裁判所に通告しなければならないと児童福祉法第25条に記されています。
触法少年(14歳に満たないで刑法に触れる犯罪をした少年)については、警察が取り調べをしたのち、児童相談所が一時保護し、その後、家庭裁判所に送致されるという規定があります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は4です。

以下が正しい文章です。

罪を犯した満( A14 )歳以上の少年のことを犯罪少年というが、犯罪少年を発見した者は、「児童福祉法」第25条に基づき、これを( B家庭裁判所 )に通告しなければならない。一方、( A14 )歳に満たない場合は、福祉的な判断が優先されるのが原則であるが、( C 児童相談所)長の判断によって必要があると認められた場合には、( B家庭裁判所 )に送致されることとなる。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。