過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成24年(2012年) 小児保健 問62

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、Scammonの器官別発育曲線に関する記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A 一般型は、呼吸器、心臓・血管、骨、筋肉などの臓器の発育を示す。
B リンパ系型は、リンパ節や扁桃など、免疫系に関わる器官の発育を示し、10~12歳頃に最大値を示す。
C 神経型は、運動機能の発達と同様に学童期に急激な増加を示す。
D 生殖型は、生殖器の発育を示すが、一般型と同様に乳幼児期早期に急激な増加を示す。
E Scammonの器官別発育曲線は、新生児の値を100として年齢による変化を示している。
   1 .
A B
   2 .
A C
   3 .
B D
   4 .
C E
   5 .
D E
( 保育士試験 平成24年(2012年) 小児保健 問62 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
9
評価しない
正解…「1」
A・〇
一般型は、胸腹部臓器の発育を示します。特徴は、乳幼児期までと、二次性徴が出現する思春期に急激に発達することです。

B・〇
リンパ型の特徴として、10~12歳ごろに最大値を示し、大人のレベルを超えますが、思春期過ぎから大人のレベルに戻ります。

C・✕
神経系型は、器用さ・リズム感をになう神経系の発達で、出生直後から急激に発育し、“4・5歳まで”に成人の80%に達します。

D・✕
生殖型は男児の陰茎・睾丸、女児の卵巣・子宮などの発育を言い、“14歳あたりから急激に発達”します。

E・✕
器官別発育曲線は“20歳”の値を100として年齢による変化を示しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
【正解】 1

A ○ 

B ○

C ×
神経型は、生まれた直後から4、5歳頃までに約80まで成長し、12歳頃に100近くになります。

D ×
生殖型は、14歳頃から急激に増加します。

E ×
20歳での発達の値を100としています。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は1です。

A 適切です。

B 適切です。

C 神経型は神経系の発達を担います。出生直後から急激に発育し、4~5歳までに成人の80%に達します。

D 生殖型は名前の通り、子宮や卵巣、陰茎、睾丸などの生殖器の発育を担います。思春期である14歳頃から急激に発達していきます。

E スキャモンの器官別発育曲線は20歳での値を100としています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。