過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成23年(2011年) 発達心理学 問47

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、「保育所保育指針」第2章「子どもの発達」の2「発達過程」の記述である。A~Dを発達の順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 大人から自分に向けられた気持ちや簡単な言葉がわかるようになる。
B 指差し、身振り、片言などを盛んに使うようになり、二語文を話し始める。
C 喃語などで自分の欲求を表現し、これに応答的に関わる特定の大人との間に情緒的な絆が形成される。
D 語彙も著しく増加し、自分の意思や欲求を言葉で表出できるようになる。
   1 .
A→D→C→B
   2 .
B→A→C→D
   3 .
C→A→B→D
   4 .
C→A→D→B
   5 .
D→C→B→A
※ 「保育所保育指針」の目次や記載内容等が、指針の改定(平成30年4月1日施行)により変更されました。
この設問は平成23年に出題された設問となります。
参考1   参考2
( 保育士試験 平成23年(2011年) 発達心理学 問47 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

2
正解は3です。

C(喃語を発する)は、おおむね6か月未満の記述です。

A(簡単な言葉の理解)は、おおむね6か月から1歳3か月未満の記述です。

B(二語文を話す)は、おおむね1歳3か月から2歳未満の記述です。

D(語彙の増加と言葉の明瞭化)は、おおむね2歳の記述です。
付箋メモを残すことが出来ます。
0
正解は3です。

A 大人から自分に向けられた気持ちや簡単な言葉がわかるようになるのは、「おおむね6ヶ月~1歳3ヶ月未満」だと言われています。

B 指差し、身振り、片言などを盛んに使うようになり、二語文を話し始めるのは、「おおむね1歳3か月から2歳未満」と言われています。

C 喃語などで自分の欲求を表現し、これに応答的に関わる特定の大人との間に情緒的な絆が形成されるのは「おおむね6ヶ月未満」だと言われています。

D 語彙も著しく増加し、自分の意思や欲求を言葉で表出できるようになるのは「おおむね2歳」と言われています。

よって答えはC→A→B→Dの順番になります。
0
正解は3です。

C…「簡単な言葉の理解」は「おおむね6か月から1歳3か月未満」に記述されています。

A…「二語文」は「おおむね1歳3か月から2歳未満」に記述されています。

B…「喃語を発する」は「おおむね6か月未満」に記述されています。

D…「発生の明瞭化と語彙の増加」は「おおむね2歳」に記述されています。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。