過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問「第44244問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄筋コンクリート造の躯体改修工事の施工計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
柱のコンクリートが鉄筋位置まで中性化していたため、浸透性アルカリ性付与材を塗布することとした。
   2 .
コンクリートのひび割れ幅が1.0mmを超えていたが、挙動しないひび割れであったため、シール工法を用いることとした。
   3 .
コンクリート表面の欠損深さが30mm以下であったため、ポリマーセメントモルタルによる充填工法を用いることとした。
   4 .
コンクリートの欠損部から露出している鉄筋は、周囲のコンクリートをはつり取り、錆を除去した後に防錆剤を塗布することとした。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問49 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正解は2です。

1:設問通りです。
・浸透性アルカリ性付与材とは、コンクリートの弱体化を防ぐ材料です。
・中性化とは、二酸化炭素によってコンクリートの主成分であるアルカリ性が失われ、コンクリートを弱体化させてしまう現象をいいます。

2:誤りです。
コンクリートの表面ひび割れ幅が 1.0mmを超え、挙動しないひび割れ部は、Uカットシール材充填工法で可とう性エポキシ樹脂を使用します。

補足として、コンクリートのひび割れ幅によって、改修方法が異なります。
①ひび割れ幅が0.2㎜未満
  ⇒シール工法
②ひび割れ幅が0.2㎜以上
  ⇒樹脂注入工法・Uカットシール材充填工法
更に【0.2㎜以上~1.0㎜以下】【1.0㎜超え】と【挙動の有無】によって、使用する材料が変わります。

3:設問通りです。
コンクリート表面の補修
①欠損深さ30㎜以下の場合
  ⇒ポリマーセメントモルタル充填工法
②欠損深さ30㎜以上の場合
  ⇒エポキシ樹脂モルタル充填工法
③更に深い場合は、コンクリートの打ち直しを行う必要があります。

4:設問通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。