過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問 第29回 皮膚科学 問26

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
皮膚の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
表皮は、角化細胞、色素細胞、ランゲルハンス細胞、メルケル細胞という4つの異なった系列の細胞から成る。
   2 .
角化細胞は、表面より角質層、透明層、顆粒層、有棘層、基底層の5つの細胞層から成る。
   3 .
真皮内の線維成分は、大部分がエラスチンというタンパク質から成る弾性線維である。
   4 .
皮下組織は、多量の脂肪を含み、外界からの外力に対してクッションの作用をする。
( 第29回 理容師国家試験 皮膚科学 問26 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

2

正解:3
真皮は、コラーゲンというタンパク質でできた膠原線維が大部分を占め、この間にエラスチンというタンパク質からなる弾性線維が混じっています。



付箋メモを残すことが出来ます。
2
正解は3です。

1 表皮は、角化細胞(ケラチノサイト)、色素細胞(メラノサイト)、ランゲルハンス細胞、メルケル細胞からなる。

2 角化細胞は、角質層、透明層、有棘層、基底層からなる。角化細胞は、基底層で作られる。

3 真皮内の繊維成分は、大部分がコラーゲン繊維でできており、約70%を占める。

4 皮下組織は、多量の脂肪を含み、外界からの外力に対してクッションの作用をする。
1
正解は3で、誤った文章です。
1,2,4は正しい文章です。

1 表皮は、角化細胞、色素細胞、ランゲルハンス細胞、メルケル細胞からできています。

●角化細胞:表皮を生成する主な細胞で、基底層から産出されます。またの名をケラチノサイトといいます。

●色素細胞:メラノサイトとも呼ばれ、皮膚の色素(メラニン)を作る細胞です。

●ランゲルハンス細胞:免疫に関与する細胞です。

●メルケル細胞:触覚に関わる細胞です。

2 角化細胞は上から、角質層、透明層、顆粒層、有棘層、基底層の順でできています。

3 真皮内の繊維成分は、コラーゲンでできている膠原繊維が大部分を占めています。

4 皮下組織は、表皮や真皮の下にあり、多量の脂肪を含み、外界からの外力に対してクッションの作用をします。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この理容師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。