過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

公認心理師の過去問「全問」を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 306
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 306
クリア
[ 設定等 ]
サイコロジカル・ファーストエイドを活用できる場面として、最も適切なものを1つ選べ。
   1 .
インテーク面接
   2 .
予定手術前の面接
   3 .
心理検査の実施場面
   4 .
事故現場での被害者の救援
   5 .
スクールカウンセリングの定期面接
( 公認心理師試験 第1回(2018年) 午前 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
31
評価しない
サイコロジカル・ファーストエイド(Psychological First Aid ; PFA)は、
日本語では「心理的応急処置」といいます。
深刻な危機的出来事(災害・犯罪・紛争等)に見舞われた人に対して行う
人道的・支持的・実際的な心理・社会的支援のことです。

これを踏まえると、
4.事故現場での被害者の救援
が正しいとわかります。

1.インテーク面接は、初回面接のことです。

2.予定手術前は緊張度の高い状況下での面接であることが考えられますが、
サイコロジカル・ファーストエイドを活用する“危機的状況下の被害者”には
該当しないと判断されます。

3.心理検査の実施場面は危機的状況下ではありません。

4.これが正しいです。

5.学校における定期面接は危機的状況下の被害者とは限りません。
もちろん、場合によっては学校内に危機的状況が起きることもありますが、
“定期面接”に関してサイコロジカル・ファーストエイドの活用は考えにくいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は4です。

サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)とは、
心的応急処置のことです。
PTSDなどを生じさせるような突発的な災害や事故を体験し、
深刻なストレス状況に曝された人に対する応急処置的な支援方法です。

各選択肢については、以下の通りです。

1→インテーク面接とは、初回面接のことです。
よって選択肢は、誤りです。

2→インフォームドコンセント(IC)等が予定手術前の面接にあたります。
よって選択肢は、誤りです。

3→心理検査は、事前に予約や説明を行ったうえで実施します。
そのため、心理検査の実施場面は、応急処置的な支援とは言えません。
よって選択肢は、誤りです。

4→PFAは、災害や事故等の出来事に対して行われるものです。
よって選択肢は、正しいです。

5→選択肢は、定期面接とあるように、事前の予約等が前提です。
よって選択肢は、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この公認心理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。