過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

公認心理師「第2回(2019年)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 152問 正解) 全問正解まであと152問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

35歳の男性A、会社員。うつ病の診断で休職中である。抑うつ感は改善したが、まだ夜間よく眠れず、朝起きづらく、昼間に眠気がある。通院している病院に勤務する公認心理師がAと面接を行っていたところ、Aは「主治医には伝えていないが、同僚に取り残される不安があり、早々に復職をしたい。職場に行けば、昼間は起きていられると思う」と話した。
このときの公認心理師の対応として、適切なものを2つ選べ。
   1 .
試し出勤制度を利用するよう助言する。
   2 .
まだ復職ができるほど十分に回復していないことを説明する。
   3 .
Aに早々に復職したいという焦る気持ちがあることを受け止める。
   4 .
同僚に取り残される不安については、これを否定して安心させる。
   5 .
主治医に職場復帰可能とする診断書を作成してもらうよう助言する。
( 公認心理師試験 第2回(2019年) 午後 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正解は、2と3です。

各選択肢については、以下の通りです。

1→Aは「まだ夜間よく眠れず、朝起きづらく、昼間に眠気がある」とのことで、復帰に向けて十分に回復したとは言えない状況です。
よって選択肢は、誤りです。

2→Aは「抑うつ感は改善したが、まだ夜間よく眠れず、朝起きづらく、昼間に眠気がある」ため、現在も、十分な休息が必要な状態です。
よって、選択肢は、正しいです。

3→Aは「同僚に取り残される不安があり、早々に復職をしたい」と訴えていることからも、焦る気持ちがあることが分かります。
公認心理師として、Aの想いに寄り添うことは大切です。
よって選択肢は、正しいです。

4→Aの不安や想いを否定してはいけません。
むしろ、そのような不安や想いを持っていることに寄り添う必要があります。
よって選択肢は、誤りです。

5→Aは「まだ夜間よく眠れず、朝起きづらく、昼間に眠気がある」とのことで、復帰できるほど十分に回復しているとは言えません。
よって選択肢は、誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この公認心理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。