過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

公認心理師「第3回(2020年)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 154問 正解) 全問正解まであと154問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

中学校の担任教師A。Aは、同じ部活動の女子中学生3名について、スクールカウンセラーBに、次のように相談した。3名は、1か月ほど前から教室に入ることができずに会議室で勉強しており、Aが学習指導をしながら話を聞いていた。先日、生徒たちの表情も良いため、教室に入ることを提案すると、3名は「教室は難しいが、放課後の部活動なら見学したい」と言った。早速、Aが学年教師の会議で報告したところ、他の教師から「授業に参加できない生徒が部活動を見学するのは問題があるのではないか」との意見が出された。
この場合のBの対応として、適切なものを2つ選べ。
   1 .
部活の顧問と話し合う。
   2 .
Aに援助チームの構築を提案する。
   3 .
Bが学年教師の会議に参加して話し合う。
   4 .
学年教師の会議の意見に従うようAに助言する。
   5 .
Aがコーディネーターとして機能するように助言する。
( 公認心理師試験 第3回(2020年) 午後 問154 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない

正解:2・3

校内で生徒の対応についての意見が食い違っているときに、スクールカウンセラーとしてどう対応するかを考える問題です。

1、学年の意見を無視して、部活の顧問に働きかけてしまうと、学年教師の中でAの立場が悪くなる可能性もありますから、不適切です。

2、適切です。

このケースはAが一人で対応しています。Aはキーパーソンではありますが、そのAを支え、「チーム学校」として対応していくことは適切です。

3、適切です。

スクールカウンセラーも「チーム学校」の一員ですから、学年教師の会議にBが参加するのは適切です。

4、Aは、生徒の希望と学年教師の意見の間で板挟みになっており、困っていますから、この助言は不適切です。

5、A自身がコーディネートできずに困っているため、この助言は不適切です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この公認心理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。