過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士「学科5(施工)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 72%

残り : 75
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 75
クリア
施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 1 . 
契約書の規定に基づく条件変更等により、実施工程表を変更する必要が生じたので、施工の進に支障がないよう、当該変更部分の施工と並行して変更された実施工程表の提出を受け承認した。
 2 . 
部材、部品等の工場生産に先立ち、工場生産者の作成した製作図、製作要領書、品質管理要領書、製品検査要領書等について、工事施工者からの提出を受け承認した。
 3 . 
プレキャストコンクリート部材の運搬・揚重・保管について、搬入される部材を、直接、運搬車より組立て用クレーンで吊上げて組み立て、悪天候により作業ができない場合には荷降しのみとし、現場内に仮置きするという施工計画書の提出を受けた。
 4 . 
近隣の安全に対して行う仮設計画に必要な一切の手段については、契約書や設計図書に特別の定めがなかったので、受注者の責任において定めた施工計画書の提出を受けた。
( 一級建築士試験 平成27年(2015年) 学科5(施工) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1. 誤り              |
実施工程表を変更する場合は、当該部分の施工と「並行して」ではなく、
「先立って」実施工程表の提出を受け承認をする必要があります。
(建築工事監理指針)

2. 設問の通り
工場生産の場合、施工者は製品製作の計画図書を工場生産者に作成させ、必要に応じて監理者の承認を受けます。

3. 設問の通り
プレキャストコンクリートの部材は、あらかじめ工場で製造され、現場にて揚重機(組立て用クレーン)を使って組み立てられます。
ただし、悪天候等により作業ができない場合等、あらかじめ仮置の配置・仮設計画をたてて仮置きすることもあります。

4. 設問の通り
仮設、工法などについては、設計図書に特別の定めがある場合を除き、受注者(施工者)の責任において決定します。


評価後のアイコン
2018/10/18 18:50
ID : umftwxztcb
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。