過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士「平成28年(2016年)」の過去問を出題

問題

技術者倫理等の用語に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
「アカウンタビリティ」は、一般に、業務や研究活動についての「説明する責任」のことをいう。
   2 .
「談合」は、一定の利益を業界全体にもたらすことを目的とするもので、同業種の業者が資本を結合し、共同企業体を設けることも含む。
   3 .
「公益通報」には、通報先や状況によって、「内部通報」、「行政機関への通報」及び「外部通報」の三つの種類がある。
   4 .
「コンプライアンス」は、一般に、「法令遵守」と訳され、法令・条例等の遵守に加えて企業倫理等の遵守も含む。
( 一級建築士試験 平成28年(2016年) 学科1(計画) )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
1.設問通り、適当です。
2.誤りです。
文面は「ジョイントベンチャー」を説明するものであります。
「談合」は入札において、複数の応札者で事前に入札価格や落札価格を話し合い、今回はだれが落札するかを
決める不正行為であります。刑法の談合罪に抵触します。
3.設問通り、適当です。
4.設問通り、適当です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.[正]
設問の通りです。
2.[誤]
談合は競争入札において、入札業者があらかじめ話し合って入札価格や落札業者を調整することです。
設問の共同企業体を設けることはJV(ジョイントベンチャー)請負方式の説明です。
3.[正]
設問の通りです。
4.[正]
設問の通りです。
評価後のアイコン
評価する
-1
評価しない
1. 設問の通り
 [アカウンタビリティー]
 説明の責任・義務のことを言います。

2. 誤り
 [談合]
 競争入札の参加者同士が落札者と前もって話し合い、入札価格や入札者を決
 める不正行為です。談合罪が適用になることがあります。

 設問は共同企業体(ジョイントベンチャー)の説明です。

3. 設問の通り
 [公益通報]
 内部告発のことを言います。

4.設問の通り
 [コンプライアンス]
 法令遵守のことを言います。
 法令や社会的規範を守って行動することを指します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。