過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士「平成29年(2017年)」の過去問を出題

問題

技術者の倫理等の用語に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
「公益確保の責務」は、技術者の倫理的義務の一つであり、「公衆の安全、健康及び福利を最優先に考慮すること」をいう。
   2 .
「リスクマネジメント」は、危機事態が生じた後に速やかに実施するものであり、被害の最小化、被害の拡大防止、二次被害の防止等が目的となる。
   3 .
「モラルハザード」は、保険の領域から派生した概念で、近年では、一般に、「倫理観の欠如」と訳され、企業等が節度なく利益を追求する状態をいう。
   4 .
「不遵守行為」は、個人及び組織を含めて意図的に法令や条例等に従わない行為をいう。
( 一級建築士試験 平成29年(2017年) 学科1(計画) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
1. 設問の通り
  技術士倫理要領より、正しい記述です。

2. 誤り
  「リスクマネジメント」とは
  予め、将来起こりうるを危機や問題を想定し、対策を講じる一連の危機管
  理プロセスを言います。
  設問は「クライシスマネジメント」の記述です。

3. 設問の通り
  「モラルハザード」とは、
  近年では、「倫理欠如」や「倫理崩壊」という意味合いで用いられること
  が多く、企業および個人が倫理観や道徳的節度なく利益を追求する状態を
  いいます。

4. 設問の通り
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1,2,4 正しい選択肢です。

3 リスクマネジメントとは、あらかじめ活動に伴う様々な危険を最小の被害で食い止めるために講じる手法。二次被害への対応手法はクライシスマネジメント。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。