過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

1周目(0 / 500問 正解) 全問正解まであと500問
建築物の監理業務委託契約又は工事請負契約に関する次の記述のうち、四会連合協定「建築設計・監理等業務委託契約約款」又は民間(旧四会)連合協定「工事請負契約約款」に照らして、最も不適当なものはどれか。
 1 . 
監理業務委託契約において、委託者受託者双方の責めに帰すことができない事由により受託者が監理業務を行うことができなくなった場合、受託者は、委託者に対し、既に遂行した業務の割合に応じて業務報酬を請求することができる。
 2 . 
監理業務委託契約において、受託者は、委託者の契約の違反により、受託者に相当な損害が生じたときは、委託者がその責めに帰すことができない事由によることを証明した場合であっても、契約の違反についての別段の定めを規定した場合を除き、委託者に対し、その賠償を請求することができる。
 3 . 
工事請負契約において、受注者は、工事用図書又は監理者の指示によって施工することが適当でないと認めたときは、直ちに書面をもって発注者又は監理者に通知する。
 4 . 
工事請負契約において、施工について、工事用図書のとおりに実施されていない部分があると認められるときは、原則として、監理者の指示によって、受注者は、その費用を負担して速やかにこれを修補又は改造し、このための工期の延長を求めることはできない。
( 一級建築士試験 平成30年(2018年) 学科5(施工) )

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1. 設問の通り
  原則報酬は業務完了手続終了後に支払うこととなりますが、双方の責に帰
  すことができない事由により、監理業務を行うことができなくなった場
  合、既に遂行した業務の割合に応じ業務報酬を請求することができます。

2. 誤り
  委託者がその責に帰すことができない事由によることを証明した場合は、
  その損害の賠償を請求することはできません。よって設問の記述は誤りで
  す。

3. 設問の通り

4.  設問の通り
  契約に適合しない施工があったときは、[監理者]の指示によって[受注者]は
  その費用を負担して速やかに改造します。また、このための工期の延長を
  求めることはできません。
評価後のアイコン
2019/09/12 08:23
ID : umftwxztcb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。