過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士「学科1(計画)」の過去問をランダムに出題

問題

建築のマネジメント等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
公共工事におけるECI方式は、設計段階の技術協力の実施期間中に、施工の数量・仕様を確定したうえで工事契約をする方式であり、施工性等の観点から施工者の提案が行われることにより、施工段階における設計変更の発生リスクの減少等が期待できる。
   2 .
建築物におけるコミッショニングは、一般に、環境・エネルギー性能等の観点から建築物のオーナーやユーザーが求める要求性能を把握して、その要求性能の実現を検証することである。
   3 .
BCPは、企業が災害や事故で被害を受けても、重要な業務が中断しないこと、中断しても可能な限り短い期間で再開すること等、事業の継続を追求するための計画である。
   4 .
CRE戦略は、国や地方公共団体の事業コストの削減や、より質の高い公共サービスの提供を目的として、民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して公共施設等の設計、建設、維持管理及び運営を行う手法である。
( 一級建築士試験 令和元年(2019年) 学科1(計画) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解は4です。

1:設問通りです。
ECIは、「アーリー・コントラクター・インボルブメント」の略称です。設計段階から施工者が参画し、施工の実施を前提として設計に対する技術協力を行うもので、これにより建設コストの縮減、工期短縮を図ることができます。

2:設問通りです。
「それぞれの設備システムに対して計画、配置、そして機能的な試験が行われ、設計趣旨に沿って確実に作動するよう運転及び保守が可能な状態であることを確かめる過程のことである」と定義されています。

3:設問通りです。
BCPは、ビジネスコンティニュイティプランの略称です。事業の継続のために事前に備えておく計画のことで、自然災害時等のような、企業の事業活動が困難となるリスクの発生時に、重要業務が中断せず、また万一中断したとしても、早期に重要機能を再開することで、中断の際の損失を最小限にすることを目指すものです。

4:設問はPFI(プライベートファイナンスイニシアティブ)の説明になっていますので誤りです。CRE(コーポレートリアルエステイト)は、企業の持つ不動産について企業価値の向上を観点に経営戦略的観点に立って見直しを行い、不動産投資の効率性を向上させることを目的としたものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。