過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士「学科4(構造)」の過去問をランダムに出題

問題

特定天井に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
高さが 6 m を超え、水平投影面積が 200 m2 を超え、かつ単位面積質量が 2 kg/m2 を超える天井は、天井の支持方式にかかわらず、特定天井に該当する。
   2 .
天井脱落対策に係る技術基準では、稀に生じる地震動(中地震時)において天井が損傷しないことを検証することとしている。
   3 .
既存建築物においては、落下防止措置としてネットやワイヤーにより一時的に天井の脱落を防ぐ方法も許容される。
   4 .
免震建築物においても、特定天井については、天井脱落対策に係る技術基準が定められている。
( 一級建築士試験 令和2年(2020年) 学科4(構造) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は1です。

1.設問の記述は誤りです。
天井の支持方法は直天井と吊り天井に分けられますが、特定天井は吊り天井です。よって、天井の支持方式にかかわらずというのは、誤りです。

2.設問の通りです。
天井脱落対策に係る技術基準では、稀に生じる地震動(中地震時)において天井が損傷しないことを検証することとされています。

3.設問の通りです。
既存建築物の天井が特定天井に該当し、一定規模以上の増改築が行われる場合は、新築時と同様の基準に適合させるか、落下防止措置を講じなければなりません。

4.設問の通りです。
免震建築物においても、特定天井については、天井脱落対策に係る技術基準に適合させなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。