過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術「鋼構造物塗装」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 25
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 25
クリア
鋼材の腐食の分類と形態に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
 1 . 
湿食には、金属表面の状態が均ーで均質な環境にさらされている場合に生じる全面腐食と、金属表面の状態が不均一又は環境の不均ーによって局部に集中し生てじる局部腐食がある。
 2 . 
孔食は、炭素鋼でも生じることがあるが、ステンレス鋼やアルミニウムなどの不働態皮膜を形成する金属に発生しやすい。
 3 . 
異種金属接触腐食は、電位の異なる金属が接触し、そこに電解質溶液が存在すると金属間に腐食電池が形成され、卑な金属が腐食される。
 4 . 
隙間腐食は、金属同士の接触部の隙間部分の金属が腐食する現象で、腐食が進行するにつれて鉄イオンや水素イオンが蓄積し、塩分濃度の減少とpHの上昇が進むため腐食は一層加速される。
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成29年度(前期) 鋼構造物塗装 )

この過去問の解説

まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。