過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術「平成29年度(後期)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 61
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 61
クリア
[ 設定等 ]
標準貫入試験により求められる地盤情報に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
支持層の位置の判定
   2 .
地盤の静的貫入抵抗値の判定
   3 .
砂質地盤の内部摩擦角の推定
   4 .
支持力の推定
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成29年度(後期) 土木 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
1.適当です
支持層とは、不同沈下等が起きない地盤のことです。

2.適当ではありません
標準貫入試験は動的試験なので静的貫入抵抗値の判定はできません。静的貫入抵抗値の判定には静的コーン貫入試験等を行います。

3.適当です
土粒子同士のせん断力に対する抵抗値のことです。

4.適当です
支持力とは、地盤が支えることができる力の大きさのことです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1)適当です。
標準貫入試験によって得られるN値により、支持層の位置が判定されます。
N値の許容範囲は0~60とされていて、値が大きいほど地盤は固く、基礎として優良と言えます。粘性土なら20以上だと中小構造物の基礎として望ましく、砂質土なら50以上だと大型構造物の基礎として望ましいと言えます。

2)適当ではありません。
地盤の静的貫入抵抗値は、標準貫入試験ではなく静的コーン貫入試験により判定されます。
よってこの設問は間違いです。

3)適当です。
標準貫入試験によって得られるN値により、砂質地盤の内部摩擦角を推定することができます。
N値との相対密度の関係から内部摩擦角を算定します。
砂質土の場合はN値が大きいほど内部摩擦角も大きくなり崩壊しにくい地盤と言えます。粘性土の場合は粘着力で抵抗力を発揮するので内部摩擦角は0°となります。

4)適当です。
標準貫入試験によって得られるN値とせん断強度の関係により、地盤の支持力を推定することができます。
砂質土の場合は支持力係数及び沈下に対する許容支持力、粘質土の場合は破壊に対する極限及び許容支持力が推定されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。