過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術「平成30年度(前期)」の過去問を出題

問題

土質調査に関する次の試験方法のうち、室内試験はどれか。
   1 .
土の液性限界・塑性限界試験
   2 .
ポータブルコーン貫入試験
   3 .
平板載荷試験
   4 .
標準貫入試験
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成30年度(前期) 土木 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
1)正解です。
土の液性・塑性限界は室内試験です。
2)間違いです。
ポータブルコーン貫入試験は建設機械等のトラフィカビリティ―を調査する際に使用します。よって現場試験となります。
3)間違いです。
平板載荷試験は締固め管理に用いるので現場試験です。
4)間違いです。
標準貫入試験は、地盤のN値等を測定するために現場で行います。よって室内試験ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は「1」です。
土の液性限界・塑性限界試験は、
土の状態が変化する境界の含水比を測定します。

2.間違いです。
現場で試験を行います。
ポータブルコーン貫入試験は、粘性土や腐植土などの
軟弱地盤に人力で静的にコーンを貫入させることによって、
コーン貫入抵抗を求めることを目的とする試験です。

3.間違いです。
現場で試験を行います。
平板載荷試験は、原地盤に鉄板などの載荷板を設置して荷重を与え、
荷重の大きさと載荷板の沈下との関係から
地盤の変形や強さなどの支持力特性を調べるための試験です。
地耐力を確認するために行います。

4.間違いです。
現場で試験を行います。
標準貫入試験は、原位置における地盤の硬軟や
締り具合の指標となるN値を求め、
かつ試料を採取するための試験になります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1〇
土の液性限界・塑性限界試験は採取した土を室内の装置にて実施する試験です。

ポータブルコーン貫入試験は粘性土等の軟弱地盤に人力で規格のコーンを土中に貫入させて、コーン指数を求める試験です。

平板載荷試験は、地盤の支持力、道路設計に必要な路床・路盤の地盤係数を求める試験です。

標準貫入試験は打撃回数を求め、支持層の支持力を判定します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。