過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術「令和元年度(後期)」の過去問を出題

問題

土工に用いられる「試験の名称」と「試験結果から求められるもの」に関する次の組合せのうち、適当でないものはどれか。
   1 .
スウェーデン式サウンディング試験 -------- 土粒子の粒径の分布
   2 .
土の液性限界・塑性限界試験 -------------- コンシステンシー限界
   3 .
土の含水比試験 -------------------------- 土の間げき中に含まれる水の量
   4 .
RI 計器による土の密度試験 --------------- 土の湿潤密度
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 令和元年度(後期) 土木 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
1〇
スウェーデン式サウンディング試験は現場での地盤支持力を確認します。土粒子の粒径の分布などは室内試験なので適当ではありません。

土の液性限界・塑性限界試験はコンステンシ―限界を求める試験で、採取した土を室内の装置にて実施する室内試験です。

土の含水比試験は室内試験です。含水比を求め、土の締固め度の算定をします。

RI契機による土の密度試験は現場ですぐに結果の得られる測定方法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1)適当ではありません。
スウェーデン式サウンディング試験は土の硬さや柔らかさ、締まり具合などを判定するのに採用されます。
土粒子の粒径の分布は土の粒度試験によって求められるので、この設問は間違いです。

2)適当です。
土の液性限界・塑性限界試験はコンシステンシー試験とも呼ばれ、それぞれ土が形を保てる水分量のうち液性と塑性の限界値であるコンシステンシー限界を求めるための試験です。

3)適当です。
土の含水比試験は、その土の間げき中にどれだけの水の量が含まれているかを確認するための試験です。
締固めを行う際に含水比を調整、確認するために土の圧密試験を実施する時に必要になります。

4)適当です。
RI計器による土の密度試験は、放射線同位元素(別名ラジオアイソトープ:RI)を利用して、土の湿潤密度や乾燥密度、そのほか間げき率や含水比などを測定するものです。
従来の砂置換法のものより広範囲での計測が可能で、短時間にて結果が求められます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。