過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術「令和2年度(後期)」の過去問を出題

問題

土工の作業に使用する建設機械に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。
   1 .
クラムシェルは、シールドの立坑など深い掘削に用いられる。
   2 .
バックホゥは、主に機械の位置より高い場所の掘削に用いられる。
   3 .
ブルドーザは、掘削・押土及び長距離の運搬作業に用いられる。
   4 .
スクレーパは、掘削・積込み、中距離運搬、敷均し、締固めの作業に用いられる。
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 令和2年度(後期) 土木 問1 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は「1」です。
クラムシェルは、ブームからワイヤロープで吊り下げたバケットで土砂を掘削する機械です。
浚渫や地下掘削に適しています。

2.間違いです。
バックホウは、主として機械位置より低い場所の掘削に用いられます。
主として機械位置より高い場所の掘削に用いるのはパワーショベルという機械です。

3.間違いです。
ブルドーザは、掘削、整地、押土に利用されます。
運搬には使用されません。

4.間違いです。
スクレーパは、掘削、積込、中距離運搬、敷均し等ができますが、締固め作業はできません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1)クラムシェルは、ワイヤロープに吊られた開閉式のバケットを垂直に降ろし、下方の土砂を掴み取るもので、狭く深い場所の掘削に適しています。よって、適当です。

2)バックホウは、バケットを内側に引き寄せる動作により掘削します。硬い地盤や、機械の位置より低い場所の掘削に適しています。よって、適当ではありません。

3)ブルドーザは、前面に土工板を装備し、掘削・押土及び60ⅿ以下の運搬作業に用いられるもので、長距離の運搬作業には適していません。よって、適当ではありません。

4)スクレーパは、牽引式と自走式があり、掘削・積込み、中距離運搬、敷均しといった一連の土工作業を1台で行うことができますが、締固めをすることはできません。よって、適当ではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。