過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術の過去問 平成30年度(前期) 土木 問47

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
施工計画作成のための事前調査に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
近隣環境の把握のため、現場用地の状況、近接構造物、労務の供給などの調査を行う。
   2 .
工事内容の把握のため、設計図面及び仕様書の内容などの調査を行う。
   3 .
現場の自然条件の把握のため、地質調査、地下水、湧水などの調査を行う。
   4 .
輸送、用地の把握のため、道路状況、工事用地などの調査を行う。
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成30年度(前期) 土木 問47 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
6
評価しない
1〇
近隣環境の把握は、現場用地の状況や近接構造物などが対象となりますが労務の供給は関係ありません。

契約書や設計図書の契約条件の内容を細かく検討し、不明な点があれば発注者に連絡し協議する必要があります。

現場の自然条件・経済条件・環境条件などの検討は、現地に出向き入念に行う必要があります。

工事の用地など現場条件は施工に大きな影響を与えるため、しっかりと調査する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1です。

1. → 適当ではありません。近隣環境の把握は現地用地の状況、近接構造物、地下埋設物などの調査を行い労務の供給調査は含みません。

2. → 適当です。工事内容の把握は設計図面及び仕様書の内容などの調査を行います。

3. → 適当です。現場の自然条件の把握は、地質調査、地下水、湧水などの調査を行います。

4. → 適当です。輸送、用地の把握は、道路状況、工事用地などの調査を行います。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は 1 です。
近隣環境の把握は現地用地の状況、近接構造物、地下埋設物などの調査を行い労務の供給調査は含みません。

その他の選択肢は下記の通りです。

2.工事内容の把握のため、設計図面及び仕様書の内容などの調査を行います。

3. 現場の自然条件の把握のため、地質調査、地下水、湧水などの調査を行います。

4.輸送、用地の把握のため、道路状況、工事用地などの調査を行います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。