過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術「鋼構造物塗装」の過去問をランダムに出題

問題

新設塗装の塗膜厚管理に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
塗膜厚は、塗装の防せい効果と耐久性に大きく影響するので適切な膜厚となるよう十分管理を行う。
   2 .
塗膜厚は、ばらつきが極力少なくなるように塗料の使用量、隠ぺい力、塗膜状態、作業性などに十分注意して塗付作業を行うとともに、乾燥後の塗膜厚の測定を行う。
   3 .
複雑な形状の大型構造物の塗装では、塗料を均一な厚さに塗付するため、はけで塗付作業を行う。
   4 .
塗膜厚の測定精度は、測定のやり方や測定箇所の形状などによってばらつくので、塗膜厚の評価は多くの測定値を統計処理して行う。
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 令和2年度(後期) 鋼構造物塗装 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解は「3」です。
複雑な形状かつ大きな構造物の塗料は、はけやスプレーなどによる塗装作業では、
塗布、作業を適正に行った場合でも、塗料の均一な厚さに塗布することは
難しいとされています。
そのため、基準を満たさない場合は、最上層の塗装を増し塗りして、
測定をやり直し、管理基準を満たすようにします。

1.正しいです。
塗膜は、防錆性を高め、耐久性を向上させることが目的とされます。
そのため、適切な膜厚が鋼材の耐久力に影響します。

2.正しいです。
塗膜厚のばらつきが少なくなるように、塗布作業は念入りに行います。
塗膜厚の測定は、乾燥前状態と乾燥状態の2通りがあります。
乾燥前状態の塗膜は「ぬれ塗膜」といい、
JISでは「ぬれ膜厚」、計測を「ウェットフィルム膜厚計」と表記しています。

4.正しいです。
塗膜厚の測定値は測定箇所ごとに異なるため、
正確に評価するために多くの測定値を統計処理して、
評価する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.正
適当です。
2.正
適当です。
3.誤
”はけで塗付作業”ではなく”吹付塗装”のほうが塗料を均一な厚さに塗付するのに適しています。
4.正
適当です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。