過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第三種電気主任技術者の過去問 平成27年度(2015年) 電力 問25

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
定格出力10000kWの重油燃焼の汽力発電所がある。この発電所が30日間連続運転し、そのときの重油使用量は1100t、送電端電力量は5000MW·hであった。この汽力発電所のボイラ効率の値[%]として、最も近いものを次の( 1 )〜( 5 )のうちから一つ選べ。
なお、重油の発熱量は44000kJ/kg、タービン室効率は47%、発電機効率は98%、所内率は5%とする。
   1 .
51
   2 .
77
   3 .
80
   4 .
85
   5 .
95
( 第三種 電気主任技術者試験 平成27年度(2015年) 電力 問25 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
5
評価しない
単位に気をつけて全てを掛け算します。
1100[t]×1000[kg換算]×44000[kJ/kg]×0.47[タービン室効率]×0.98[発電機効率]×(1-0.05)[所内率]×η[ボイラ効率]=5000[MW·h]×1000[kw換算]×3600[秒換算]

これをηについて解けば0.85となるので、85%であることがわかります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は、4番の85[%]です。

【方針】
30日間の総発熱量を求めて、30日間の送電端電力量と比較してボイラー効率を求めます。
このような計算をすることで、当問題では30日という値を使わずに答えを求めることも出来ます。


【計算】

1、30日間の総発熱量を求めます。
 30日間の総発熱量=44000[kJ/kg]*1100*10^3[kg]
         =4.84*10^10[kJ]


2、上記をMWhに換算します。
 1[kWh]=3600[kJ]
 1[MWh]=3600*10^3[kJ] より

 30日間の総発熱量=4.84*10^10/3600*10^3
         = 13444[MWh]


3、ボイラ効率を求めます。

 ボイラ効率=5000[MWh]/(13444*0.47*0.98*0.95)
      ≒0.85

よって、ボイラ効率は85[%]になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第三種電気主任技術者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。