過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級電気工事施工管理技士の過去問 令和元年度(2019年) 1 問7

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
変圧器の負荷電流に対する効率と損失を表すグラフとして、適当なものはどれか。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 1級 電気工事施工管理技術検定試験 令和元年度(2019年) 1 問7 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

17
正解は【4】です。

鉄損とは変圧器に電圧が、かかっていれば発生する損失の事で、負荷の有無 大きさ(負荷電流)が変動しても変わらず一定です。

銅損とは変圧器の巻線に電流が流れることにより発生する損失の事で、負荷の大きさ(負荷電流)の2乗に比例します。
負荷がなければ(電流が流れなければ)発生しないので0になります。

問題の【1】【2】のグラフは、鉄損が変動してる為、不適当です。
また、銅損は負荷電流の2乗に比例する為、
倍々に上がっていく2次曲線のグラフが正しいので【1】【3】は不適当です。

適当なグラフは【4】になります。
負荷電流が大きくなっていくと、銅損による損失が大きくなるので、効率は下がってしまいます。
付箋メモを残すことが出来ます。
2
鉄損とは、鉄心を構成する磁性体特性による損失のことで、ヒステリシス損と渦電流損が主なものです。
負荷電流が変化しても、損失が変化しない特徴があります。

銅損とは、変圧器のコイル(銅線)の抵抗により熱として失われる損失のことで、負荷電流の二乗に比例します。

鉄損が負荷電流が変化しても一定であり、銅損が負荷電流の増加の二乗に比例している、ということで4が正解となります。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級電気工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。