過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級電気工事施工管理技術士「2」の過去問をランダムに出題

問題

テレビ共同受信設備に関する記述として、不適当なものはどれか。
   1 .
テレビジョン受信用同軸ケーブルの減衰量は、伝送する周波数が高くなると減少する。
   2 .
テレビジョン受信用同軸ケーブルには、銅心線を発泡ポリエチレンで絶縁し、アルミ箔テープで巻き、外周を網状の導体で覆い、外側をビニルシースで包む構造のものがある。
   3 .
C/N比の低下によりブロックノイズが発生した場合、ブースターを挿入し、デジタルテレビジョン受信機への入力レベルを上げても改善するとは限らない。
   4 .
テレビジョン受信用同軸ケーブルには、特性インピーダンス75Ωのものが使用される。
( 1級 電気工事施工管理技術検定試験 令和2年度(2020年) 2 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
正解は、1 です。

信号の減衰量は、伝送周波数が高くなるほど大きくなります。

それで周波数が高い信号を伝送する場合には、より減衰量の小さなケーブルを使う必要があります。

そのため同軸ケーブルを選定する際には、伝送する周波数帯に応じたグレードを選ばなければなりません。

他の、2・3・4 は正しく述べています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この1級電気工事施工管理技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。