過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級電気工事施工管理技術士「2」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 100
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 100
クリア
[ 設定等 ]
火力発電所の燃焼ガスによる大気汚染を軽減するために用いられる装置として、不適当なものはどれか。
   1 .
脱硫装置
   2 .
脱硝装置
   3 .
微粉炭機
   4 .
電気集じん器
( 2級 電気工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 2 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
【1】脱硫装置は
火力発電所等の燃焼装置からの排煙に含まれる硫黄酸化物を除去する役割を担う装置で、大気への排気の排出を低減する装置です。

【2】脱硝装置は
石炭火力発電所などの排気ガスから窒素酸化物を除去する装置の事です。

【3】微粉炭機は
「ミル」とも呼ばれる装置で、火力発電やボイラー等で石炭を燃やす際に石炭を細かく砕き、効率よく燃焼させる為の装置です。

【4】電気集じん器は
火力発電所では煤塵と呼ばれる、物質を燃焼させた時に出る微細な物質を大気に排出しないように電気集塵器で捕集しています。

以上の事から【3】微粉炭機が不適当だといえます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。

1の脱硫装置は、火力発電所からの排煙に含まれる硫黄酸化物を除去し低減する装置です。

2の脱硝装置は、排気ガスから窒素酸化物を除去する装置です。

3の微粉炭機は、石炭等を燃やす際に効率よく燃焼させるため石炭等を細かく粉砕する装置です。

火力発電所では煤塵と呼ばれる、物質を燃焼させた時に出る微細な物質を大気に排出しないように、4の電気集じん器で捕集しています。

したがって不適切なものは3です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
大気汚染を軽減するために、硫黄分を取り除くのが脱硫装置です。

また、アンモニアなどを用いて窒素酸化物を除去するのが、脱硝装置です。

電気集じん器は排ガスに含まれる微細なチリを帯電させ取り除く装置です。


しかし微粉炭機は、燃料の石炭を細かく砕き燃えやすくするためのものであり、大気汚染軽減のための装置ではありません。
よって、正解は、3 です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級電気工事施工管理技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。