過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級電気工事施工管理技士「4」の過去問を出題

問題

自動火災報知設備の配線用図記号と名称の組合せとして、「日本工業規格( JIS )」上、誤っているものはどれか。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 2級 電気工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 4 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
設問1.の差動式スポット型感知器とは、火災発生時に
周囲の温度上昇により火災を検知しますが、
決まった温度で検知するわけではなく、通常の使用上で
ありえない温度上昇を検知し発報する感知器です。

設問2.の定温式スポット型感知器とは、名前の通り、
ある一定の温度になった際に火災を検知し発報する感知器です。

設問3.の警報ベルとは、火災発生時に火災を知らせるために
鳴動するベルを表します。

設問4.の図はP型発信機を示します。
P型発信機とは、火災を目視で確認した際に
発信機を押し、火災を検知する発信機になります。

そのため、設問4.は図と名称が誤っているため不適切となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は、4 です。

4に示されている配線用図記号はP型発信機のものです。

表示灯は、◯印内側の左端一部が黒く塗られているものです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
【4】の〇にPの記号は「P型発信機」を表すものなので誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級電気工事施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。