過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級電気工事施工管理技術士「平成29年度(2017年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 64
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 64
クリア
[ 設定等 ]
強磁性体に該当する物質として、適当なものはどれか。
   1 .
ニッケル
   2 .
アルミニウム
   3 .
   4 .
( 2級 電気工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 1 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
強磁性体を簡単に説明すると「磁石にくっつく金属」の事です。
この場合、アルミ、銀、銅は磁石を近づけても引き寄せられません。
なので【1】のニッケルが正解になります。
他に代表的な強磁性体物質には鉄、コバルトといったものがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
強磁性体とは、磁性を帯びることが可能な物質のこと、平たく言えば“磁石にくっつく物質”のことで、鉄やニッケルが代表例です。

一方、アルミニウム・銀・銅は、電流の流れやすい導電性素材で、電線などの材料として使われていますが、強磁性体ではありません。

よって、正解は、1 となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1です。

磁石に付く物質が強磁性体です。
1のニッケルは付きますが、2のアルミニウム、3の銀、4の銅は付きません。

他には鉄とコバルトが強磁性体です。
強磁性体(金属)は鉄、ニッケル、コバルトと覚えておきましょう。

なお、強磁性金属以外にも磁石に付く物質(化合物等)があります。
鉄の酸化物であるマグネタイトやフェライト等です。

また、磁石には永久磁石と電磁石があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級電気工事施工管理技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。