過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級電気工事施工管理技術士「平成30年度(2018年)前期」の過去問をランダムに出題

問題

道路の占用許可申請書に記載する事項として、「道路法」上、定められていないものはどれか。
   1 .
工事の時期
   2 .
道路の復旧方法
   3 .
工作物、物件又は施設の構造
   4 .
工作物、物件又は施設の維持管理方法
( 2級 電気工事施工管理技術検定試験 平成30年度(2018年)前期 6 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
道路を占用する場合は道路管理者の許可が必要になります。
その為には、申請書に下記の必要項目を記載しなければなりません。
・道路の占用の目的
・工事実施の方法
・物件又は施設の構造
・道路の占用の期間
・占用の場所
・工事の時期
・道路の復旧方法

上記の内容から、4が定められていないものとなります。
また、1〜3は上記に記載されているので、定められているものとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
道路の占用とは、道路上や上空、地下に継続して道路を使用する事を言います。
占用する際は、道路を管理している道路管理者の許可が必要です。

道路占用許可申請書の内容は次の通りです。
・道路占用の目的
・道路占用及び工事の場合は工事期間
・道路占用物の構造及び物件の詳細

道路占用した物件の維持管理については申請許可書に書く必要はありません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
道路占用許可とは、工事などのために、一定の施設の設置により継続して道路を使用するための許可のことです。

道路使用許可とは異なり、施設の設置・継続が前提であり、期間や復旧方法、設置される施設の構造に関する記載が求められます。

また申請書に添付すべき書類として工程表や構造図などが必要となります。

しかし工作物、物件又は施設の維持管理方法についての記載は定められていません。

よって、正解は、4 です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この2級電気工事施工管理技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。