過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級電気工事施工管理技術士「2」の過去問をランダムに出題

問題

道路トンネル照明の照明方式に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
カウンタービーム照明方式は、対称照明方式である。
   2 .
カウンタービーム照明方式は、入口照明に採用される。
   3 .
プロビーム照明方式は、非対称照明方式である。
   4 .
プロビーム照明方式は、主に入口・出口照明に採用される。
( 2級 電気工事施工管理技術検定試験 令和2年度(2020年)後期 2 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
正解は1です。

カウンタービーム照明方式:進行方向と反対方向に最大光度を持つ、非対称な配光の照明器具を使用した照明方式です。路面の障害物などが認識しやすい照明方式です。

プロビーム照明方式:進行方向に最大光度を持つ、非対称な配光の照明器具を使用した照明方式です。トンネル内での先行車両の視認性を高める照明方式です。

1 .カウンタービーム照明方式は、対称照明方式である。→ 不適切です。
カウンタービーム照明方式は、非対称な配光の照明器具を使用します。

2 .カウンタービーム照明方式は、入口照明に採用される。→ 適切です。
カウンタービーム照明方式は、ドライバーに対して、車の進行方向とは逆方向に光を照射するため、路面上の障害物のドライバー側の面に直接光があたりません。よって障害物と路面との間のコントラストが高くなり、障害物をより認識しやすくなります。障害物の確認が主な視対象物となるトンネル入口部に適しています。

3 .プロビーム照明方式は、非対称照明方式である。 → 適切です。
プロビーム照明方式は非対称な配光の照明器具を使用します。

4 .プロビーム照明方式は、主に入口・出口照明に採用される。→ 適切です。
ドライバーに対して、車の走行方向に光を照射することにより先行車両の背面に強い光があたります。これにより先行車の視認性がより向上します。トンネル出入口で「先行車が一瞬消える」現象を改善できます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は1です。

トンネル照明は、交通の安全・円滑を確保するための設備です。
基準照明、入口照明、出口照明に大別されます。
また、照明方式は、対象照明方式、カウンタービーム照明方式、プロビーム照明方式があります。

本問題は、不適当な選択肢を選ぶ問題です。
選択肢については以下の通りです。

1→不適当なので、これが正解です。
カウンタービーム照明方式は、対象ではなく、非対称な照明です。

2→問題文の通りです。
カウンタービーム照明方式は、運転者の進行方向に対して、逆方向に照明が入ります。路面と前方の障害物に明るさの差が出来るので、視認性が高くなります。

3→問題文の通りです。

4→問題文の通りです。
プロビーム照明方式は、運転者の進行方向に対して、同方向に照明が入ります。先行者の背面に照射されるので、先行者の視認性が改善されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この2級電気工事施工管理技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。