過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第37381問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の人物を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  玉川学園の創始者。『全人教育論』を著し、労作教育をとり入れた。
B  石門心学の創始者。『都鄙問答』を著し、町人への実践哲学を説いた。
C  能役者、謡曲作家。『風姿花伝』において年齢段階の特質に応じた心や稽古のあり方を説いた。

【Ⅱ群】
ア  小原國芳
イ  羽仁もと子
ウ  世阿弥
エ  石田梅岩
   1 .
( A )ア  ( B )ウ  ( C )エ
   2 .
( A )ア  ( B )エ  ( C )ウ
   3 .
( A )イ  ( B )ア  ( C )ウ
   4 .
( A )イ  ( B )ウ  ( C )ア
   5 .
( A )エ  ( B )ア  ( C )ウ
( 保育士試験 平成30年(2018年)前期 教育原理 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
答え. 2番です。

A. 全人教育論=ア 小原國芳
小原國芳は玉川大学の創立者で、「全人教育」の提唱者です。
主な著書に「全人教育論」「教育の根本問題としての宗教」などが、あります。

B. 都鄙問答=エ 石田梅岩
石田梅岩は、商人でした。
「学問は心を知ることから始まる」と「都鄙問答」の冒頭で述べています。
主な著書に、「都鄙問答」「斉家論」があります。

C. 風姿花伝=ウ 世阿弥
世阿弥は、父・観阿弥とともに能楽を大成した人物です。
「初心忘るべからず」など、数々の名言を残しています。
主な著書に「風姿花伝」「花鏡」があります。

羽仁もと子は、日本初の女性ジャーナリストで、「婦人之友社」の創業者です。
著書に「羽仁もと子著作集」があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は2です。

・Aは「小原國芳」についての説明です。小原國芳は玉川大学の創立者で、『全人教育論』を著し、労作教育をとり入れた人物です。彼は『全人教育論』の中で、真・善・美・聖を「絶対価値」とし、健・富を「手段価値」し、それらを統合した人間を「全人」と位置づけました。

・Bは「石田梅岩」についての説明です。石田梅岩は、石門心学の創始者であり、『都鄙問答』を著し、町人への実践哲学を説いた人物です。『都鄙問答』は江戸時代中期に成立した心学運動の経典と言われる書物です。

・Cは世阿弥についての説明です。世阿弥は、能役者、謡曲作家で、『風姿花伝』において年齢段階の特質に応じた心や稽古のあり方を説いた人物です。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
歴史的な学校や教育者の思想、著書は押さえておく必要があります。

正解は2。
(A:ア B:エ C:ウ)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。