過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第37461問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、幼児の肥満に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
肥満の判定に用いる肥満度( % )は、幼児の体重と標準体重から導き出す。
   2 .
カウプ指数は、「体重」と「身長の2乗」の値を用いて導き出す。
   3 .
食べすぎと運動不足は、肥満の主な要因となる。
   4 .
肥満の解消に重要なのは、カロリー摂取制限によって体重を減らすことである。
   5 .
親の肥満傾向は、子どもの肥満に影響すると考えられている。
( 保育士試験 平成30年(2018年)前期 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
解答は4です。

 一般社団法人 日本小児分泌学会ホームページを参考に解説します。

1、◯
 肥満度=(実測体重-標準体重)/標準体重×100(%)で導き出すことができます。

2、◯
 カウプ指数は3か月~5歳の乳幼児の発育状態を表す指数です。

3、◯
 子どもの肥満のほとんどは単純性肥満といって、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ることによって生ずるものであると言われています。

4、×
 幼児の減量においてはカロリーの摂取制限だけではなく、運動や生活習慣の見直しも併せてすることが大切です。

5、◯
 問題文の通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は【4】です。

肥満の解消のためにはカロリー摂取制限だけでなく、運動を取り入れることや生活習慣の見直しが重要です。

1、2、3、5の文章は適切です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は4です。

1 適切です。肥満の判定に用いる肥満度( % )は、幼児の体重と標準体重から導き出します。

2 適切です。カウプ指数は、「体重」と「身長の2乗」の値を用いて導き出します。

3 適切です。食べすぎと運動不足は、肥満の主な要因となります。

4 肥満の解消に重要なのは、カロリー摂取制限だけでなく、生活習慣の見直しや運動をすることが大切です。

5 適切です。 親の肥満傾向は、子どもの肥満に影響すると考えられています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。